人気ブログランキング | 話題のタグを見る
対ジンマシン戦記。

 この前の回鍋肉を作って、弁当まで用意したその日は、朝早い出勤のため、自宅での起床が4時半というハードなものでした。
 朝起きて、なんか痒いなと、トランクスのゴムのあたりをぽりぽりと掻いて、見ると、なんか虫に差されたような、赤くなった部分がぷっくり膨れています。ダニかなと思いつつも、ダニは2箇所ぐらい、点で赤くなるから違うよなと思いつつ、着がえて会社へ。

 途中の駅で先輩と偶然出くわし、一緒に会社へ向かいましたが、どうも首筋、わきの下から腰にかけて痒いような感じが。途中でぽりぽり掻きつつ、先輩に「虫でもいるんじゃないの」などといわれながら会社に着き、ロッカールームでシャツを脱いで鏡を見てみると先ほどの斑点が首廻り、わきの下から腰にかけてと胴回りに増殖してるじゃありませんか。

 とりあえず、少し掻くと治まるものですからそのまま出勤してしまいましたが、時間が経つにつれて、ひじ関節の内側、手首から先、ヒザの裏、内股、しりと太ももの間、足首とあちこちに広がり、どんどんひどくなってきました。

 そのときは風邪にかかっていて、自宅の近くの医者にかかっていたものですから、そこで処方してもらった内服薬が原因かなと仕事先で電話をすると、帰宅途中に寄ってくれとのこと。

 仕事が終わり、私服に着替えるとなんと先ほどの場所にすべて例の斑点が増殖!痒くてたまらないのであちこちを掻きながら急いで自宅近くの内科へ向かうと、即注射という診断。
 腕をまくり、静脈にジンマシン止めの注射を打っていると一時的に脳に酸素が廻らなくなったのかクラクラっときました。即座にお医者様の指示で、傍にあったベットに横に。横になると気分が元に戻りまして、なんとなく痒さも減ったような気が。
 とりあえず気分が落ち着くまで横になり、内服薬と軟膏を処方してもらい帰宅しました。

 後日の診断だと、食物、薬系の既存のアレルギーが一切ない私と、件の回鍋肉の素に入っている何らかの成分(たんぱく質)が合わなかったのと、引越し直後の疲れなどによるものではないかと言う由。
 血行がよくなりすぎるとよくないということで当分酒はドクターストップとなったのですが、その翌日に親戚の結婚式、その次の日は会社の先輩の結婚パーティー、その次の日は、BVEのOCEAN283氏、神野氏らと呑み会ということで、酒が飲みたいのに飲めないつらい日々をすごしたのであります。
 
 注射を打ってもらった次の日の夜に、若干ひじの内側に出現したぐらいでその後はジンマシンは出ていませんが、どうも痒さを覚えるとぞっとする…
 
 これは心理的に回復するにはしばらくかかりそうです(苦笑)


 ところがこの苦境を知って心配したのか、実家から要らない食器や、私の買い置きのYシャツなどを持ってきた母が、サンマの煮付け、お煮しめと大根の煮付け、ほうれん草のおひたし他を作って持ってきてくれました。
 というわけで、昨日と今日は、普段の油を使った料理ばかりじゃなくて、とてもヘルシーです。しかし、引っ越しと家事、風邪にジンマシンが堪えたのか、体重が-6Kg。制服の上着とズボンがガバガバになってしまいました。

対ジンマシン戦記。_e0059852_19592063.jpg

by trandiatec | 2006-10-16 20:00 | OTHER
<< 最近の生活形態 三日坊主になるか否か >>



TranDiaTec.com管理人の"めぐお"が送る、毎日のたわいのない出来事です。
by trandiatec