人気ブログランキング | 話題のタグを見る
AJWの基本事項について会議♪



 今日はAJW社長のN'EX氏、自社養成パイロットの葛飾区氏の3人で秋葉原近くのジョナサンで会議を兼ねた食事会をしてきました。

 はじめはGoodLuckでハマったN'EX氏と、最燃焼している私めの勢いの企画で始まったこの架空航空会社ではありますが、ここまでやってしまうときちんとやりたいと思うのは人情でありまして。(飛行機は高校の友人からの影響で、好きではいたんですよ。ガキの頃は"御巣鷹"の影響で飛行機は苦手だったんですが、高校の北海道修学旅行で克服しました)

 今回決定した事項は各機体の定員、各路線の就航機体でした。将来B7E7が導入されたときの、新規就航路線の決定(777-200が若干余剰になりますんで)が一番の焦点でした。最初は贅沢に国内線の777-200はノーマルの機体で、国際線は777-200ERでと考えていましたが、7E7が就航した場合、777-200が大量に余剰になると考えられまして、鉄道会社もそうでしょうが航空会社も遊ばせておく機体はできるだけ少なくすべき、というわけで、7E7就航までは国内線でも777-200ERを飛ばし、その過程でETOPSを取得するというストーリーとしました。

 結果的に国内線の路線は18路線、国際線は成田発が14路線、関西発が8路線になりました。使用機材は国際線にB747-400、B777-300ER、B777-200/200ER。国内線はB777-300、B777-200/200ER、B7E7としました。

 国内線の6路線はB7E7就航時にB7E7に移行し、それまでは暫定的にB777-200/200ERを使用することにしました。また国際線のソウル線は当面の間B777-300ERで運航し、B7E7就航時に国内線から転属してくるB777-200/200ERに機種を変更し、余剰となるB777-300ERでフランクフルト、ミラノ線を就航するという計画になりました。

 すべては"絵に描いたもち"ではありますが、馬鹿になりきるというのがこういう趣味の真骨頂でありましょう(笑)
by trandiatec | 2005-01-11 00:00 | Flight Simulator
<< あけましておめでとうございます... あけましておめでとうございます >>



TranDiaTec.com管理人の"めぐお"が送る、毎日のたわいのない出来事です。
by trandiatec