人気ブログランキング |
<   2004年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

雪の中へ 雪の中へ 行ってみたいと思いませんか~♪


▲雪の羽田空港を飛び立つAJW B777-300。

交通機関に雪といえば、たいてい難敵であります。
車はスタッドレスタイヤやチェーンの装備が必須になりますし、鉄道は非常にブレーキの効きが悪くなるそうで。
飛行機はといいますと、講談社+α文庫 P.ヴェプファ氏、U.V.シュルーダー氏著、中村昭彦氏訳の「機長の決断」によるとこう書かれています。

 "航空力学上の専門的な計算によって微妙な形状に作ってある翼に、霜、雪、氷などが付着すると、その働きを変えてしまうことがある。それによって揚力が喪失すれば主翼はもはや機体を支えられなくなる。この現実を軽く考えてはいけない。
~中略~
 雪や氷を甘く見るわけにはいかないことは、1982年1月13日に起きたエア・フロリダの事故が示している。雪や氷によって事実上、飛行能力がなかったボーイング737がワシントンから離陸し、舞い上がった直後にポトマック川に墜落したのである。"
と、あります。しかし、関東地方の小雪の中では飛行機は飛んでいるわけで。
私も実際の気象をダウンロードし、羽田空港の第2ターミナルスポット58にボーイング777を駆ってフライトプランを読み込みました。

 最近フライトプランを2つに分けてます。たとえば千歳からですと、01L/01Rから離陸したとして、ムカワ5ディパーチュアで鵡川VOR/DME、TOBBYを経由し南下します。羽田にアプローチするときにSTARが始まるのは阿見VOR/DMEです。そうしたらフライトプランに阿見VORを過ぎたら他はどこも経由せず(STARにも載らず)羽田空港に直行するようにプランを作っておきます。(着陸する滑走路すら気にしません)

 そうしておいて、今度は山形あたりの空港を発空港にして、阿見VORからSTAR別に進入する経路だけ作っておくのです。そして飛ぶときはその組み合わせで飛ぶことになり、上空で別のフライトプランを読み込むことになります。

 また普段飛んでいるエアロシムの機体にはFMSがついておりませんので自動で降下をはじめてくれたりはしません(FSNAVのFMSは使えるのでしょうか)仕方がないので3掛けの古典的な方法(某社の機長であるFD氏はそうおっしゃっておりました)で、降下開始地点を割り出し、巡航高度の降下を要請して、羽田であれば阿見VOR/DMEの高度制限をクリヤするようにしています。

参考:講談社+α文庫 P.ヴェプファ氏、U.V.シュルーダー氏著、中村昭彦氏訳「機長の決断」
by trandiatec | 2004-12-30 00:00 | Flight Simulator
最高のツーマンクルーをめざして

今日は雪です。寒いです。

今日、考え付きました。フライトの様子をすべてビデオに収めることはできないか。エアロシムのオブザーバーモードのようにすべて自分たちで飛行機を操っているように、さらにそれをビデオに収めるのは不可能であろうかと。
私、考えました。
よくマイクを差し込んだまま、サウンドのプロパティで再生側のマイクのミュートのチェックをはずすと、マイクに喋った自分の声がスピーカーから出てきます。ということは、ラインアウトにすれば、自分の声とFSの音、一緒に出力されるって事ですね。
そして私のPCについているビデオボードにはSビデオ端子がついてます。

と、いうことは...
そのままビデオデッキにつないで、チャンネルを合わせて録画すればぜんぜんOKすね。

概略図ですけどこんな感じになるかと。


手持ちのSビデオケーブルはちょっと短いので買いに行く必要があるようですが…
実現はもうちょい先ということで。
by trandiatec | 2004-12-29 00:00 | Flight Simulator
ようやく完成、ということにしておきます。


▲シアトルのボーイング社エバレット工場から羽田空港にフェリーされたB747-400(違)
(クリックすると大きな画像が開きます)

さて、ようやく塗装が完了しました。 正確に言うと塗り残しがあるんですが。前回塗った777もそうですけど、どうも塗り残しがあるんですよね。777のほうがひどかったんですが、この解決法ってのは手探りでしかないんでしょうかね。
具体的に書きますと、テクスチャ1枚に上から機体右部分前半、2段目に左部分前半、3段目に右後半、4段目に左後半という風になってますけど、1段目の下半分の青が2段目の上のほうにはみ出してるようで。ほんの小さい三角形の形にはみ出してたりします。どうにかならんもんでしょうかね。
ともかく、私に操縦のできないもとい、離着陸がしにくいB747-400の塗装はこれで一応の完成(完成っていえないでしょうけど)を見るわけであります。しかし、B777-300に比べると塗りやすい機体でしたね。AJWの飛行機はB747-400、B777-300/300ER/200/200ER、B7E7-8/3だけですんで、あとはB7E7の登場を待つのみです。AJW立ち上げのときはB777-300がフラッグシップのつもりだったんですが、やっぱりジャンボは絵になりますね。結局B747-400がフラッグシップになりそうです。
by trandiatec | 2004-12-27 00:00 | Flight Simulator
FSとは大して関係はありませんが



仕事柄、あまり積極的にブログをやるっていうことはできないんですけど、本音を言うとやりたいんですよね。仕事以外のジャンルや関係のないところで、ネタになりそうなことは山ほどあるんですが、書くと自分の気が付かないうちにズルズルと仕事のジャンル(つまりネットには書いてはいけないジャンルです。私の個人的な仕事の内容とか)のほうに言っちゃいそうで怖いんで。まあ、今回書こうと思っていることはまったく関係がないんで、大丈夫なんですけどね。

 東京千代田区、神田神保町というところは、アニメ「R.O.D」の舞台としても知られていますが、その一角にたたずむ神田古書センターというビル (地下には"トトブックス"があるという設定のあのビルです)の2階に「ボンディ」というカレーショップがあります。一回友人に連れて行ってもらったのですが、なかなかおいしくて、先日(21日)にも行ってきました。そこの名物が、チーズカレー(1350円)です。バターライスには細切りのチーズがのせてあって、カレーのルウの中にもチーズが。何度喰ってもうまいと思いました。

 以前から、家には簡単に昼食が食べれるように、レンジでチンするご飯とレトルトのカレーを買いだめしているわけですが、このボンディのカレーを思い出して、帰りに細切りのとろけるチーズを買いました。また、食い意地が張っているだけかもしれないんですけど、最近は機内食に興味がありまして、Yahooオークションの機内食の食器の出展をチェックしたりしてました。以前、ハワイに行った時に帰りのノースウエスト機の中でカレーを食べたのを思い出したりしてました。そして、今日の昼ごはんは何にしようかと考えていたところで思いついたのが、

・機内食風の食事
・ボンディのカレーをもう一度!
・FSをやりながら食べる。

こんなくだらないことを考えて、ダイソーでトレーを買いました。最初ボンディで出されたようなカレー用の長方形の深皿を探して、ダイソーで見つからず、心当たりのあった食器屋さんに行っても見つからず。結局またダイソーに戻って同じデザインで統一された深皿、小皿、ドレッシングサーバ(実はこのカレーのルゥが入っている容器はサラダのドレッシングの容器なんです。お恥ずかしい)と紙ナプキンを買い求めました。デザート用の焼きプリンと付け合せのポテトサラダを買って、自宅に戻り、早速調理に取り掛かります。(付け合せのもう一品は買ってありました)と、そのまえに、AJWのロゴの入った帯を作ったんですが。

 まず、レンジでチンのゴハンのパッケージを所定位置まで開けて、半分の時間、温めます。(2分のものなら1分)温めたらその明け口からバターを適量押し込み、再度、残りの時間を加熱します。ルゥは別の深い皿にあけ、ラップをかけて所定時間加熱します。その間に付け合せのポテトサラダとサーモンのマリネを小鉢に盛り付けます。ご飯はよくバターをまぶした後、買ってきた深皿に盛り付け、細切りチーズをゴハンの上に散らします。加熱が終わったカレーはよくかき混ぜた後にドレッシングサーバに流し込み、その上にもチーズを載せて溶かします。最後に、トレーに添えたグラスに飲み物を注ぎ、フォーク、スプーン、小さいスプーンと割り箸を紙ナプキンで包み、AJWのロゴのついた帯で封をします。さあ、これで機内食らしくなりました。
それでは本日のメニューです。
架空航空会社 All Japan Wingsのある日の機内食
「神保町ボンディ」"風"チーズカレー
バターライス
サーモンのマリネ、ポテトサラダ添え
新鮮卵の焼きプリン
飲み物

バカといってやってください。
カレー、うまかったっす。
by trandiatec | 2004-12-22 00:00 | Flight Simulator
Aerosim.netに興味深い記事を発見。前置きが長くて申し訳ありません。


▲HND16L VOR/DME C アプローチ初成功時の"フライトの分析"です。


▲HND16LにアプローチするAJW B777-300

羽田空港に、夏季など、南風のときに進入する滑走路は16Lとなります。アプローチ方法としては アプローチ名を"VOR/DME Cアプローチ"、到着方式をジョウナンアライバルといい、北から来た場合は阿見VORをFL140~8000Ftで通過、"誉田"を8000Ft以上で通過し"AVION"を通過、御宿VORから発せられる324度の電波にインターセプト、"OBITU"を4000Ft以上で通過し、"AMUSE"に向かいます。南から来た場合は"WESTN"をFL190~5000Ftで通過し、御宿VORを経由して"OBITU"を4000Ft以上で通過、北からの場合と同様に"AMUSE"に向かい、"AMUSE"を2500Ft以上で、"JONAN"を2000Ft以上で通過したあと江東VORを通過して左旋回、羽田空港16Lに着陸するというもの。これをマスターしなくては架空航空会社"All Japan Wings"のパイロットとしてはベースである羽田空港に出入りができません。以前、777で挑戦したときは2回挑戦して2回ともペケ。降下しきれずになんとスピードブレーキを使用して強引に着陸したという前歴があります。
 最近、ILSを使用してもマニュアルでもようやくあまりふらふらせずに着陸できるようになって来ましたし、離陸後のオーパイに移行するときもワタワタしなくなって来たということで、再度挑戦してみました。まず、Aerosim社(表題のAerosimとは別物のホントの会社。表題の"Aerosim.net"は、コミュニティのようなものです)のALJ (Approach & Landing in Japan)の最新バージョンとなるVol.3に同梱されていたアドベンチャー、羽田16Lへのサークリングアプローチをオブザーバーモードで添乗。機種は747SR。あれまあと口を思わず開いてしまいそうな見事なランディングを見てから挑戦してみました。
 時間を短縮するために横田から飛び立ち阿見VORへ向かい、通過したあとはジョウナンノースアライバル(ジョウナンアライバルの北から入ってくるバージョンの名称)のコースと高度制限の指示通り飛行し、東京湾に出る直前にIFRをキャンセル。(うるさいんですもの 。サークリングアプローチでは着陸許可も出してくれませんし。)VFRで、空港に近づきました。EHSI(エレクトロニック・ホリゾンタル・シチュエーション・インジケータ。よく分かりません。とりあえず速度とか姿勢とか速度が表示されるモニターの隣にある方位などを表示するモニタです)に表示される江東VORまでの距離を見ながら飛行しておりますと、"JA01AW,Cleared to Land."着陸許可がでました。しかし、あと0.2NMほどというところで何もしていないのにいきなり左旋回。おいおいっとおもわずポーズをかけてしまいました。原因はGPSモードの解除し忘れだったのですが。というわけで3度目の挑戦もむなしくゴーアラウンド。館山まで引き下がり、再びチャレンジです。
 先ほどと同じ要領で今度はジョウナンサウスアライバルからアプローチです。フラップの出し方のタイミングもうまくいき、GPSも解除しました。江東VORまでの距離が0.1NMになったところで左旋回開始。速度はよく覚えていませんがフルフラップの一つ手前までフラップを降ろしていましたのでフラップは25度、だいたい165ノット程度だったと思います。バンク角度は15度、降下率はできるだけ-800Ft/分を維持し、旋回しますとちょうど目の前に16Lの姿。やったーっとうれしさがこみ上げてくるのを抑えつつ、PAPIを見ながら無事にLanding。若干低めでしたが。
 インスタントリプレイをデジカメでムービーに撮るという阿呆をかましながら、次にAerosim B747-400(Inter)で挑戦しました。路線は 千歳から羽田を選択。千歳のスポットを出て、RW18Rからトビー5デパーチャーをへて、ジョウナンノースアライバルから東京湾上へ。オブザーバーモードで見たように減速し、フラップを下げていきます。高度制限をクリヤしながら江東VORを目指して東京湾上を降下していき、GPSモードを解除して江東VORを通過し、左旋回を始めましたが、何かがおかしい…と、思っていると目の前に羽田空港が現れましたが自分が正対したのはRW16Lと平行するタクシーウェイ。あれ...。
 即座にTO/GAを押し、館山方面へ。よく見りゃATCの選択肢にも"ゴーアラウンドを報告"しか選択しないし。おかしいなぁ、そんなに飛行特性違うのかなぁと思いながら再度挑戦。またダメ。何がおかしいのかと再度挑戦。またダメです。何度やってもオーバーシュートして、RW16Lと平行するタクシーウェイに向いてしまいます。3度目にさすがに頭に来て、16L上空まで入った後滑走路中間までいって強引にランディングしてしまいました。いまから思うとフライトの分析を見ておけばよかったですね。
 とにかく、曲がりきれないんです。おかしいなあとネットを徘徊していましたら、AEROSIM.netで、記事を見つけました。
直リンクになっちゃいますがURLを張っておきます。トピックは"MSFSでの大型機の鈍さ(再び)"。いやー、横滑りしてるんですね。ズルズルズルと。

さてー。どうしましょう(笑)とりあえず、747はAJWでは羽田に飛んでくることはあまりありませんが...国際線オンリーですからね...だからといって...うーん...
by trandiatec | 2004-12-14 00:00 | Flight Simulator
"STAR Flyer"と鶴の一声。



 "All Japan Wings"の社長さんのN'EX氏にJALの"Sky Cruiser"よろしく、愛称を付けていただきました。"STAR Flyer"。ぱっと聞いたところでまず思い出すのはJALの777の愛称なんですが、関係はないようで。
 羽田から離陸して、ザマ6デパーチャーの経路上にある機体をスポット機から撮影して、フォトショップでエフェクトをかけてみました。インター(International)の機体なので、羽田のSID上にあることが異常なんですが。ダイバート後の状況だったりして(苦笑)例によって、いまだ垂直尾翼が塗れてません。おなかの部分もパネルラインがまだ出来ておりません。そんななのにいっぱしにSSばっかり掲載してホントふざけたヤツです。
 しかし、こう見ると、まあ塗装のパターンがパクってあるからかもしれませんけど、いっぱしの機体に見えるものですね。カッコイイです。個人的には777の操縦に慣れてしまって、747はもう操縦できなくなってます。着陸もまともに出来なくなってます。そこのところはAJWの自社養成パイロットである東静岡氏と葛飾区くんにお任せしようかと。今回はここまで。
by trandiatec | 2004-12-10 00:00 | Flight Simulator
ようやくみれるぐらいにはなった…つもりです。



AJW Boeing747-400(International Version)
Aerosimの機体のリペです。

 架空航空会社の"All Japan Wings"で、国際線にはB777-200,200ER,300ERのほかに747を使うことになりました。
777は200系新幹線のリニューアル塗装でしたが、747は2階建てということでやはりE4の塗装にしてしまいました。
 やっぱりAJWでもフラッグシップは747になるのでしょうか。今回は777に続いて2機目のリペイントということで多少気合を入れて塗ってみましたがまだまだ完成ではありません。なぜにこのようなカットになっているかといいますと、垂直尾翼をまだ塗ってないからで。
 とりあえず、今回は「埋めた窓」を表現してみました。他にもいろいろ資料をかき集めて見て描いてます。面倒くさがらず根気よく。どの分野にもいえることですが、ゆっくり確実にやることが上達のコツであるようですね。
by trandiatec | 2004-12-09 00:00 | Flight Simulator



TranDiaTec.com管理人の"めぐお"が送る、毎日のたわいのない出来事です。
by trandiatec