人気ブログランキング |
<   2005年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

EJAT21 中央線 Ver2始動!


△検討中のA列車中央線特急ダイヤ

ってこんなこと書いて、
こんなリンク張ってこんな画像はっちゃうと、、EJAT21副社長のとまとま氏にそんなことやってないで先に京葉・武蔵野マップと新幹線マップを作れとかいわれちゃいそうですが。

だってあのマップ、東京の番線が二つとも煮詰まってて・・・ orz

ハイ、わかりました。何とかします。
とりあえずこれは予告まで。
EJAT21って何ぞやって方。(←下線部分、クリックするとサイトに飛びます。)
つまりA列車内の架空鉄道です。私が社長で、とまとま氏は副社長です。
とりあえず、今はJR東日本をA列車内で再現しようって言う感じですけど、それ以外にも事業をしてます。いま、社員募集してます。あくまでも架空鉄道です。募集要項はこちらです。ハイ。
by trandiatec | 2005-09-18 21:07 | A train [EJAT21]
結婚の楽しさと難しさ。


▲ブルジョアなYAMASANコレクション。近々"Models"コーナーでご紹介します。

友人のYAMASAN邸に宿泊。夜話しながらいろいろ飲みました。
彼は去年結婚したばかりの新婚ホヤホヤ。奥様はお仕事でいなかったのですよ。

結婚。私ももうそろそろなんですが、覚悟がいりますよね。
生まれも育ちも価値観も違う二人が一緒に暮らすんですから。
うちの母曰く、もちろん勢いも必要だけれど、2人で暮らしていくわけだから絶対に何かあるのは間違いないわけで。そういうのは、
「あるとは思わなかった」
じゃなくて
「あって当然、どんとこい」
ぐらいの気持ちで考えなさいよと。

その話をうちの親と話してから、改めて毎日生活しながら世の中を落ち着いてみてみたら、見えなかったことがいろいろ見えてきました。ここで書くのはちょっとまとめないと難しいんですが、親が言っていたことはそういうことだったのかと。なるほどなぁと。

たとえば、子どもにたいして。
子供が生まれたら、子どもが生活の中心になるわけですよね。

私が通勤している電車は沿線に超有名な巨大テーマパークがありまして、夕方から夜になるとその最寄駅から一気に乗客が増えるんですよ。私はいつも先頭車の一番前のドアのあたりの座席に座って通勤してるんですが、まだ小さい子ども(幼稚園前か、幼稚園ぐらいからか)が、お母さんに抱っこされて、家族とともに乗ってきたんですよ。時間はその日は残業が長引いて終電の1本前ぐらいでしたか。
最初のうちは、運転席の後ろの窓、左二つは幕が閉まっていまして、一番右側が幕が開いてるんですね。そこから前を見てて、「ほらー、運転士さんだよー」とかやってたんですが、そのうち疲れて寝てしまったようでした。

一見見るとほほえましい光景なんですが、そんな小さい子どもを連れているなら、もっと17時とか18時に切り上げてどこかで夕飯食べて早く帰って寝かせてやればいいのに。夏休み期間でしたから、たまにしか来れないっていうんじゃわかりますけどね。
でも、子どもも来たいかもしれないけど、結局は「親が、自分が来たいんだな」って。
子どもがいくら帰りたくないって言ったって、都内のテーマパークで、高速道路もそばを通ってますし、空気も必ずしもキレイとは言えないし。ほんとに子どもが心配な親なら、子供が帰りたくないって言っても引っ張って帰るんじゃないかなぁ。

おいらはそういう家に育ったんですよ。うちの母親の親戚の家に遊びに行っても、18時ぐらいの小田急のロマンスカーに乗って、地元のデパートのレストランで、発着する小田急と東海道線を見ながら食事して江ノ電で自宅に戻って。遅くとも21時には寝かされてたんじゃないかな。(地元がどこだかわかっちゃうな)
「疲れてるからね」って言われて。
そう今から思うと、うちの親の愛情、優しさってのが、なんだか実感できますね。
他の家には他の家の教育方針があるから、オイラはオイラで、自分の子どもができたときにそういう教育でいけばいいんですね。

新婚の家に上がりこんで(奥さんは不在でしたけど)生活観が見えるのはうらやましいっすね。
いろいろあって年内の結婚は無理だったけど、うちも来年には。

ワクワクしますな(阿呆)
by trandiatec | 2005-09-18 09:17 | OTHER
特別企画としたはいいけど


▲勢ぞろいしたJR東日本のEF81。

特別企画として"More! More! EF81 on the B train"という企画をやったはいいんですが、加工の目玉が運転台&ウエイト積載&カプラー交換&エアホース追加&列車無線アンテナの追加&パンタ交換なわけで、どのような構成にするか考えてます。
いつもはすぐに考え付くんですが。

ちなみにカシオペアとレインボーはオークションで落っことしました。
一緒に落としたEF65茶ガマと116号機、1059号機、1065号機は、友達にうっぱらいました。
あまり高くかってくれませんでしたが。ちなみに単価が650円ぐらいから400円ぐらいまで下落してます。

さてさて、どうしたものやら。
by trandiatec | 2005-09-13 22:18 | B Train Shorty
糸の切れた凧とはこのことなり。

緊張のタネが終わりました。
とりあえずは息災。
っていうか糸の切れた凧です。

こういう時って、そのXデーまでは全然家事とかしなくって、
部屋の仲がめっぽう汚くなってるので、
これからキレイにしようかなと。

その前に和泉多摩川の小田急のショップに行ってきます。
小田急5000のBトレと、VSEのBトレかってこようかな。
VSEのBトレ、あと4両必要なんですけど(3両セットで、
先頭+パンタ付中間+パンタなし中間。実物は10両編成で、
今挙げたセットを2つと、パンタなし中間がさらに4両必要。
フル編成にするには6セット必要となる)
1セット2100円であと4セットはつらいよなぁ(;´Д`)
誰も買わないだろうしなぁ、先頭+パンタ付中間+先頭…
これは売れるか。うん。
そうすると2セットにつきパンタ付中間が1両余るわけで。
ってことは結局パンタ付中間が2両は余るわけですね。
やれやれ...

あのう、だれか、京王8000の先頭車2両買いませんか(ぉ
6+4の分割10両編成を組成した成れの果てです。orz
MX高速鉄道の社長、買いませんか(ぉ
by trandiatec | 2005-09-06 10:44 | B Train Shorty
どうなることやら。

うーぐぐぐぐ。胃が痛いというわけじゃないですけど。
勉強が手につきません。
緊張しまくり。

結局何に緊張してるかというと、ある試験があってその面接が。
あ"ー、ぜっんぜん頭に入ってきません。
どうにかしてください。orz


でもって、同僚や上司に会うとまず頭を見られて、
「誰かと思った」

よっぽどイメチェンになってるんだな、これ(;´Д`)

アイコンをちょっと恥ずかしいのにしてみた(恥)
by trandiatec | 2005-09-02 22:18 | OTHER
髪をバッサリ。

ちょっとしたきっかけで髪を切りました。
カミさんと別れたとかそんなんじゃないんですけどね。

カミさんは新しい髪形を見て「可愛い」と。なんか町を歩くのも照れくさいっすね。
この髪型は中学以来なんですけどね。
それにあわせて、→の髪形も変えてみました。

頭でかいな…
実物もでかいですが。


飛びたい、飛びたい、大空に。
目の前のことを直視できない弱い自分がいたりしますが。
(↑いったいなんなんでしょう)
あんまり気にしないで下さい(苦笑)
弱ってるわけじゃなくて、緊張してるんです。
by trandiatec | 2005-09-01 21:45 | OTHER
機内食第二段。

先日、白馬に架空鉄道会社EJAT21のメンバーでオフに行ってまいりました。副社長のとまとま氏たっての希望で第2回、機内食再現大会が開催されました。ただし、参加は一食だけ。


△実際に使用されていた食器を使用して作ったボンディ風カレー第二段。

今回はオフの出発日、8月の19日の晩、オフの間の車の運転手となる私ととまとま氏、EJAT21企画創造本部長のHideaki氏、そして見送りとなるEJAT21千葉支社長で、AJWの社長でもあるN'EX氏の4名で以前にも書いた神田神保町のボンディに行ってまいりました。

そしてオフの食事はどうしよう、参加者の一人、EJAT21高崎支社長の通過駅氏が持ってきたお米を使ってカレーを作ろうということになりまして、この食事ができたわけであります。

サラダ類はジャスコのお惣菜を。カレーは数社のレトルトをブレンドし、水を足してこれも通過駅氏が持ってきたジャガイモをチンしてカットして放り込み、少々煮ました。
カレーということで水と米の分量を1対1で硬めに炊いたご飯に細切りチーズを振りカレーをかけます。

用意してきた箸と、食器を置いて撮影。いや、なかなかいいもんですな。
結局、オフ参加者7名の食事に特別扱いはできないので、この食事はお代わり用の補助食となりました。


ちなみにこの記事を書いているときに、私の部屋に遊びに来ていた友人曰く「くだらねーっ」
ハイ、ソノトオリ、ゴモットモデゴザイマス。

でも、こういうことを胸張ってできる人ってけっこう立派だと思うんですけどね(笑)
by trandiatec | 2005-09-01 01:55 | Flight Simulator



TranDiaTec.com管理人の"めぐお"が送る、毎日のたわいのない出来事です。
by trandiatec